医療用レーザー脱毛器比較

レーザー脱毛器比較

レーザー脱毛には3つの波長があります。755nm(アレキサンドライトレーザー)、800-810nm(ダイオードレーザー)、1064nm(Ndヤグレーザー)があります。日本ではダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーが主流となっています。(2012~2013年)波長が短いほどメラニン反応が良いということですが、脱毛に関してはあまり差はないといわれています。

パルス幅の分類は、ショートパルス(<1.0ms)、ロングパルス(1.0~100ms)、スーパーロングパルス(100ms<)に分けられており、脱毛レーザーはロングパルスが用いられます。パルス幅が短いほど熱が広がりにくいという特徴がありますが、脱毛の場合は、毛の周辺組織まで破壊する必要があるので、ロングパルス(スーパーロングパルス)が使われます。毛を65-75℃に長い時間保つことがより永久脱毛に近づく(毛母細胞を完全に破壊)ということが近年の研究で明らかになっており、パルス幅の長い脱毛器が増えています。

ライトシェアデュエット【ダイオードレーザー】:ルミナス社

ライトシェアデュエット

ライトシェアはハーバード大学ウェルマン皮膚研究所で開発されました。HSタイプは22x35mmの大口径照射を実現しています。(ETタイプは9x9mm)さらにバキュームアシスタンスを搭載して、毛のメラミン色素のみ選択的にレーザー照射が可能になり、より効率がアップしています。弱い出力で痛みも軽減できるとシェアが拡大しています。

波長 800nm
パルス幅 5~400ms(ET)
30~400ms(HS)
スポット
サイズ
9ミリ(ET)
22ミリ×35ミリ(HS)

 
ライトシェアデュエットを使用しているクリニック
ドクター松井クリニック(新宿区)
東京イセアクリニック:男性向け(渋谷、新宿、銀座、麻布十番、新潟市)
クレアクリニック(渋谷)

ライトシェアを使用しているクリニック
フェミークリニック:東京(渋谷、新宿、池袋、銀座)大阪(梅田) 

ジェントルレーズ【アレキサンドライトレーザー】:キャンデラ社

ロングパルスアレキサンドライトレーザー

メラニン色素に対し選択的に吸収されやすい波長を持つロングパルスアレキサンドライトレーザー装置ジェントルレーズ。厚生省などの認可もあり安全性も高く、日本でのシェアが高いがパルス幅に制限がある。

波長 755nm
パルス幅 3ms
スポット
サイズ
6 mm, 8mm, 10 mm, 12 mm, 15 mm, 18mm

 
ジェントルレーズを使用しているクリニック
SBC湘南美容外科(札幌,仙台,千葉,さいたま,横浜,川崎,東京,名古屋,大阪,神戸,広島,福岡)
フェミークリニック:東京(渋谷、新宿、池袋、銀座)大阪(梅田) 
カルミア美肌クリニック(広島市)
銀座7丁目クリニック(銀座)
サクラアズクリニック(大阪市:心斎橋、京橋)

ジェントルレーズYAG Pro-U【YAGレーザー】:キャンデラ社

YAGレーザー

GentleYAG Pro-Uでは、3種類のハンドピースを使い、ダークスキンや日焼け肌に対しても対応できる。またスポットサイズごと、パルス幅ごとに幅広く出力設定が可能。

波長 10645nm
パルス幅 0.250-100 ms
スポット
サイズ
6 mm, 8mm, 10 mm, 12 mm, 15 mm, 18mm

 
ジェントルレーズYAG Pro-Uを使用しているクリニック
フェミークリニック(YAGは渋谷院のみ)

メディオスターNext Pro

メディオスターNext Pro
蓄熱式(SHR方式)ダイオードレーザーで、急激な熱破壊を行わずに脱毛を行うため、肌へのダメージ、傷などのリスクも少なく、色黒の肌や産毛にも対応できるのが特色。ただし鼻毛や白髪、金髪は脱毛できない。
メディオスターNeXT PROは、毛根を直接破壊するのではなく、毛根より浅い部分にある「バルジ領域」と言われる、発毛因子を破壊することで、脱毛効果を得られます。

 
メディオスターNext Proを使用しているクリニック
湘南美容外科
ゴリラクリニック(横浜院)